WORKSHOP

2014/10/26

2014/11/30(日) けんたろうの『クリパルヨガで理解するヨガの本質』 10:00〜15:30

けんたろうの『クリパルヨガで理解するヨガの本質』 10:00〜15:30

yjimage-4

 

@ Lomdii・小田原

 

ヨガの本質とは、すべてのモノゴトの本質と繋がり

一体感を感じることにあると思います。

この感覚は、ヨガ哲学(考え方)を正しく理解し
それらの教えをマット上で繰り返し練習し
練習を通じて得た気づきを日常生活へ活かしていく
一連のサイクルの中で育まれていきます。

このワークショップは、
前半2時間(理論編)+後半2時間(実践編)=計4時間で行われます。

前半:理論編では、ヨガ哲学を『単なる理論』から『誰もが共感できる世界』へ
後半:実践編では、ヨガ哲学に『共感した状態』から『価値ある実体験』へと
ヨガの本質的な学びを深めていきます。

 

【前半(理論編)】10:00-12:00 (2時間)

「ヨガ・スートラ」、「バガヴァット・ギータ」など
伝統的な文献を参考にしながら「クリパルヨガ」独自の視点を使って
ヨガの基本理論とそのメカニズムについての理解を深めていきます。

ヨガの基本理論とそのメカニズムについて、正しく理解して
それらをヨガマットの上での練習へとうまく活かすことができると
練習の質が格段に高まり、効果を最大限に得ることができるようになります。

しかし、問題点が2つあるんです。

「一般的に難解と言われるヨガの哲学をどのように理解するの?」
「その哲学をどのようにヨガマットの上での練習へ取り入れるの?」

心配いりません!クリパルヨガのシンプルなアプローチを使うことで
私たち現代人でも、ヨガ哲学の要点を分かりやすく理解することができ
その理解を実体験へと昇華するための具体的な練習方法を
簡単に、身につけることができます。

座学だけではなく、ペアワーク、グループワーク
シェアリングなど参加者同士の交流を通じて
日常生活にも活かせるヨガの本質についての
学びを深めていきましょう。

 

ランチ:12:00〜13:30

こみちゃん食堂によるベジ・プレート(チャイ付き)

 

【後半(実践編)】13:30-15:30 (2時間)

理論編で学んだヨガの基本システムを
クリパルヨガが提供する様々なツールを使いながら練習し
それらの効果を最大限に、体感して頂きます。

「集中から動く瞑想へ」、「安定から解放」へのプロセスを通じて
大いなる存在との一体感へと自分の意識を導いていきます。

さらに、ヨガマットの上で得た気づきを
参加者同士でシェアリングしていく中で
日常生活へ活かすためのアプローチを
各自で探っていきます。

このWSは、ご自身の練習の質を深めたい方、ココロとカラダ、スピリットの関係性など
難解なヨガ哲学をシンプルに理解し、その学びを日常生活へ活かしたい方へオススメいたします。
また、どんなヨガ流派を練習されている方でも、初心者から経験者まで、どなたでもご参加可能です。

ご縁のある方と、お会いできること楽しみにしています。

 

■ 講師

th_DSC01288

 

秋元 けんたろう

米国クリパルセンター公認ヨガ教師。2002年にアシュタンガヨガとヴィッパサナ瞑想に出会い、
人生が180度転換する体験を経て、その効果と教えの深遠さに感銘を受ける。

その学びのプロセスをさらに深めるために、2004年から3年間、ヨガとヒーリングをテーマに
夫婦で世界中を周り、旅の最終地点、シンガポールでアシュタンガヨガの指導をはじめる。

帰国後は、2007年から約4年間、栃木県宇都宮市でヨガスタジオ:Harmonic Earthを主宰。
同年、クリパルヨガと出会い、翌年、2008年には、指導者資格を取得。
その後、クリパルヨガのワークショップを全国各地で開催。

現在は、原生林に囲まれた宮崎県綾町に住みながら、宮崎県を中心に
全国各地で、クリパルヨガをベースにしたヨガ指導を行っている。

「1人でも多くの人が、内側にある叡智に目覚めること。」
それを願って、ヨガと瞑想の指導を続けている。

けんたろうのホームページ:spirit-real.com
けんたろうのブログ:ameblo.jp/kentaro-akimoto

 

 

 

 

■ 料金

通常料金 ¥7000(税込み)

早期割 ¥6000(税込み):11/16(日)までのお申し込み

ロムディー割 ¥6000(税込み):ロムディー・ヨガチケットをお持ちの方

早期割+ロムディー割 ¥5000(税込み)

上記の料金に+ランチ代

¥1000円をお支払いください。

 

 

ご予約 お申し込み方法

予約先:080−5489−1321(Tomozo) 又は、info@lomdii.com

ステップ1
メールまたは、電話にてご予約ください。ご不明な点は予約時にお尋ねください。

ステップ2
折り返し料金のお振込先をご連絡いたしますのでお支払いの期限日までにご入金下さい。
ご入金の確認ができ次第予約完了となり、予約の確定のご連絡致します。

※早期割引は、割引の受付締日までにお申込み及びご入金された場合のみ、適用となります。

注意事項

〈キャンセル規約〉
開催6日前までのキャンセルは、受講費全額をご返金いたします。
開催5日前からのキャンセルにつきましては、お振込の有無にかかわらず以下のキャンセル料をご請求させていただきます。いずれの場合も、返金時の振込手数料はご負担いただきます。
・開催5日前~4日前:25% ・開催3日前~前日:50% ・開催当日:100%

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

宗田悠による『ナーダヨガ』 16:30~17:00

 

以下のイベントは、

けんたろうのヨガワークショップ後に

ドネーション(寄付)で参加していただけます。

 

CA3I1843

ナーダ(サンスクリット語で音の意味)ヨガにも様々な種類がありますが
ナーダは宇宙創造の母胎であり種子真言(ビージャマントラ)は精神的、物質的、霊的な全ての創造エネルギーが湧き上がる点(ビンドゥ)を含みます。

一見意味の無い様に思える単純な響きにも、深い神々の叡智が込められており

故に礼拝や祈りによって響きに力が与えられます

一般的なマントラはそれ自体が呪術的な力をもつのではなく、繰り返し念じ唱える事で散漫な意識を一点に集め神々にこころを繋ぐツールであり、そうして初めて変容の焔となります。

神々を称える歌の集い(バジャン)やインド古典音楽を聴いたり、演奏するラーガ 神聖舞踏などは

自我を忘却させて、創造の悦びへといざなってくれます♪
今回、皆さんとシェアさせて頂くナーダはマントラを用いる為に必要なこころの置き方と心身の内側に響かせる発声法

そして悠久の響きに耳を澄まし
思考を鎮め

全ての創造性の母であり(ナーダ)

こころのもっとも繊細で落ち着く場所にある

静寂を聴く時間を共有出来ればと思います♪

IMG_0349
宗田悠

カリンバ、ディジュリドゥー、チベタンボール、古代の竪琴、縄文笛など

時に30種類を超える世界各地の不思議な楽器達を自在に操り

ほしふる音を奏で

人々や自然と響き逢うアースミュージックを体現する地球音楽士

一瞬で場の空気を変じ

情感に満ちた音景色を紡ぎだすその姿は音の魔法使いとも称される。

98年世界最古の木管楽器と云われる

オーストラリア先住民アボリジニの楽器に出逢い、旅が始まる
自身が音に命を救われた経験から その生命力や音の神秘を探求し

神社仏閣での奉納演奏やアースデイ、野外フェスティバルなどの音開を初め

重度の障害や身体の不自由な方でも味わえる

音楽療法的なアプローチのナーダ(音)ヨガやサウンドレメディ(音薬)

赤ちゃんや妊婦さんから親子三世代で味わえる音育ライブ

山野、畑などでの音肥やし

保育園から大学
フリースクール、ホスピス
冠婚葬祭に至るまで

即席の概念に捕らわれず様々な演奏活動を通じて

森羅万象と社会の調和を祈ります♪

 

過去のワークショップ

  • 2018.09.20
  • 2018.09.07
  • 2018.05.21
  • 2018.05.16
  • 2018.03.09
  • 2018.02.23
  • 2018.02.02
  • 2018.01.31
  • 2018.01.31
  • 2017.11.29
  • 2017.09.17
  • 2017.09.04
  • 2017.06.09
  • 2017.06.06
  • 2017.05.15
  • 2017.04.24
  • 2017.04.11
  • 2017.02.20
  • 2017.02.08
  • 2016.12.19
  • 2016.12.05
  • 2016.11.26
  • 2016.11.23
  • 2016.10.18
  • 2016.09.25
  • 2016.09.24
  • 2016.09.23
  • 2016.08.22
  • 2016.08.21
  • 2016.08.21
  • 2016.08.19
  • 2016.08.19
  • 2016.08.19
  • 2016.07.15
  • 2016.06.16
  • 2016.06.16
  • 2016.05.07
  • 2016.05.07
  • 2016.05.07
  • 2016.04.18
  • 2016.03.15
  • 2015.12.14
  • 2015.10.01
  • 2015.08.19
  • 2015.05.26
  • 2015.03.16
  • 2015.02.16
  • 2014.10.26